写真整理サービスおくってフォトブック

写真整理エピソード写真整理エピソード 写真整理エピソード

フォトブックづくりに携わる中で感じた
様々なエピソードをご紹介します。

【体験してみた】両親のためと思っていたけれど…

「おくってフォトブック」のサービス開始にあたり、お客様にサービスを提供する前に自分自身が体験してみなければ…と思い、実家の押し入れに眠っていた一番古いアルバムを持ち出し、試してみました。
259枚納められていたアルバムの写真を全てデジタルデータ化し、写真選別AI“AQUEM(アクエム)”にかける。
“AQUEM(アクエム)”とは、画像や映像に関する研究に積極的に取り組んでいる岡山県立大学と弊社が協同で開発した、写りのいい(インスタ映え)写真を選び出す審美眼に富んだAIで、今回は180枚の写真をセレクトし、ハードタイプ44ページのフォトブックに仕上げました。

仕上がりは上々、現在は高齢のため随分枯れてしまった両親ですが、フォトブックの中の二人はどれもみずみずしい笑顔で、ポーズもイキイキとしています。当然のことながら、生で見たことがない若い両親の姿は、とても新鮮で、見ているこっちがなんだか照れる。おじいちゃんやおばあちゃんも記憶に残っている姿よりも随分若いし、見たことはあるけれどどこの誰だか詳しく思い出せない方の顔もちらほら。
ということで、新しいフォトブックをお披露目すると同時に、写真に写っている人について両親に聞いてみた。

それが結構オモシロイ。

幼い私が抱っこされている、このおばさんって誰?とたずねると、両親共に「さ~?」という回答。さらに親戚が集まって写っている写真に、ひょっこり近所のおじさんが混ざっていたりする。当時の写真は今と違って貴重なものだったので、きっとシャッターを切る前に誰かれ構わず周りに声を掛けていたのでしょう。
そんな中、二人の男性が写った、ひときわ古い写真が1枚。父親が幼い頃に亡くなった、お父さんの写真だそうだ。私にとってはおじいさん。向かって左が私のおじいさんで、名前が「重成」だと教えてもらった。随分以前に一度聞いた記憶はあるが、しっかり覚えていなかった…。
もし今回フォトブックを作ることがなく、そのまま放置していたら、どっちがおじいちゃん?、もちろん名前など知る由もなく、後世に家族の歴史を伝える伝達人の一人として、完全にアウトでした。
古いアルバムに納められていた259枚の写真の中から、写りのいい(インスタ映え)180枚の写真を選び出し、スッキリ&コンパクトに再編集。選考に漏れた写真も全てデジタルデータで保存するので、安心です。

今回試してみて分かったこと、それは…モノクロの思い出は今の幸せを深めてくれると同時に、力強く励ましてくれるということ。
もしあなたも写真の整理にお困りでしたら、お気軽にお問い合わせください。古いアルバムやプリント写真たけでなく、スマホに撮りっぱなしになっている写真データでもOKです。

“AQUEM(アクエム)”を使って写真を選別せず、送った写真全部をまとめて欲しい、そんなご要望にもご対応します。
思い出の写真は、まさにタイムカプセル。ページをめくるたびに想いが深まります。私たちは最幸のサービスを心がけて、写真整理サービスを行っています。

【家族の一員を写真集に…】

「おくってフォトブック」には、ペットの写真集のご依頼も多く寄せられます。ペットたちの愛らしい仕草や表情を拝見していると、なんだか私たちまで心が癒されます。
家族の一員として、まだ弱々しい赤ちゃんの頃にやって来て、一途に家族を信頼し、成長とともに無償の愛を注いでくれるペット。ペットの成長は私たち人間と比べると驚くほど早く、日々目覚ましい変化を見せてくれます。したがって、どこのご家庭もその時期のペットの写真は大量で、可愛さとその瞬間の感激をずっと残したいという気持ちが感じられます。

スクスクと成長する姿は、逞しくて嬉しいものですが、気がつくといつの間にか年齢は追いつかれ、追い越されてしまいます。幼児期・青年期・中高年期、そしてシニア…。ペットたちはありのままの姿を家族に見せてくれます。シニアになると私たち人間と同じく、少しずつ活力がなくなり、食事が減り、病気がちになり、ついには老いが隠せなくなります。ペットは喋れないけれど、家族みんなに自らの一生を見せることで大切なことを教えてくれます。可愛いからはじまり、ピュアな心、寄り添うやさしさ、頼もしさ、強さに弱さ、全部私たちに捧げてくれます。
現在ペットちゃんと暮らし、日々癒されている方。またはペットの一生を見届けた方。いずれにしても、ペットはいつまでも愛おしい家族ですよね。そんな大切なペットちゃんの姿をフォトブックにして残したい、愛しいペットちゃんの写真をキレイに整理したい、そう思っているお客様のご依頼お待ちしています。フォトブックに使用した写真データもお渡ししますので、写真のデータ化を考えている方もご安心ください。

【写真の裏に宿る物語】

写真整理のお手伝いをしていると、作業中頭の中に『涙そうそう』が流れてくる。

♪〜古いアルバムめくり ありがとうってつぶやいた

いつもいつも胸の中 はげましてくれる人よ

晴れわたる日も 雨の日も 浮かぶあの笑顔

想い出 遠くあせても

おもかげ探して よみがえる日は 涙そうそう

さみしくて 恋しくて 君への想い 涙そうそう

会いたくて 会いたくて 君への想い 涙そうそう

ここまでしんみりするのは少しオーバーかも知れませんが、お客様一人ひとりの想いを受け止めて作業していると、自然とこの曲が流れてくるのです……

さて、古いアルバムやプリント写真を取り扱っていると、写真の裏にコメントが書かれているものがあります。

神社の前で8人揃って写っている写真の裏には、日付と“おみやまいり”の文字が…。一緒に写っている方の名前や間柄まで丁寧に書いてあります。きっとこの日お宮参りしたお子さんが大きくなった時、ちゃんと伝えることができるよう配慮したやさしさなんでしょうね。

またある写真には、旅先やその時のメンバーのお名前などが書かれていて、ご依頼いただいたお客様の几帳面さが垣間見えます。

お風呂で満面の笑みではしゃぐお子さんの写真の裏には“おふろ大好き”の文字が…。その他、ゴールデンウィークの日付がしっかり記入されているものも。

プリント写真には、被写体が見える表面だけでなく、裏面にも撮影者の想いがひそんでいます。あの日、あの時、この瞬間の喜び、感動を次にしっかり残し、伝えたい…そんな想いが写真に込められています。
もし写真が消えてしまったら、どんなに饒舌に語ってもその時の状況を100%伝えることは不可能でしょう。残しておけばよかった、伝えておけばよかった…と後悔することがないよう、私たちはお客様一人ひとりに寄り添い、未来に残すのにふさわしい写真整理のお手伝いを行いたいと思っています。

その写真、撮るだけで満足していませんか?

カメラ付き携帯が発売されて20年近く経ちます。最近のスマホのカメラは優秀でもう映画の撮影まで出来るようになってきました。今の若い人は物心ついた時から身近にカメラがあり、いつでもどこでも気軽に撮影出来るようになりました。

でも皆さん、その撮った写真どうしてますか?

スマホやパソコンの中に撮りためているだけになっていませんか?
単に記録として撮影した物もあるとは思いますが、あなたがその時、その瞬間にカメラで撮影したのには何か理由があるはず。 楽しい、嬉しい、悲しい、美味しそう、ビックリした…など心を動かされた何かがあると思います。
そんな写真を“ただのデータ”として“保存しておくだけ”なのは勿体ない!

どんな便利な世の中になっても、手に取って見える形にすることは、とても意味のあることだと思います。
誰かと思い出を共有したり、友達や家族にプレゼントしたり、デジタルでもできますが、あえてフォトブックにすることで、その眠っている写真たちはまた新たに息を吹き返し、あななたや誰かの心に戻ってきます。

どうですか?フォトブックをつくってみたくなりました?

でも自分でまとめるのは時間もないし面倒?

そんな時こそお任せください。「おくってフォトブック」は大量のデジタル写真からもあなたの想いに寄り添った世界で1つだけのフォトブックをお作りいたします。
学校や旅行の思い出、結婚や出産など人生のイベント、ペットとの写真など思い出の写真をまとめましょう。

人生の区切りにさしかかった時など、ふと眠っている大量の写真データのことを思い出したら、ぜひ「おくってフォトブック」へご依頼ください。

日々心がけていること

家に眠っている古いアルバムやプリント写真、スマホに撮りっぱなしになっている写真を「あなただけのとっておき」のフォトブックに。

家の押し入れやスマホの中などに眠っている大量の写真を

●イベントや行事ごとにグループに分けてキレイにまとめたい。
●いつでも気軽に、パッと手に取って思い出を振り返りたい。

そんなご要望にお応えするのが「おくってフォトブック」です。

おくってフォトブックを制作する際に、プリント写真の場合は、まずデータ化する作業からはじめます。

アルバムのまま送られてきたものは、1枚1枚丁寧にはがしてデータ化します。 フォトブック制作後にアルバムを処分(お焚き上げ)する場合は、台紙から切り取りデータ化する場合もあります。
私は写真のデータ化を行う際に、思い出が詰まった大切な写真なのでキズや埃が入らないよう毎回スキャニング台の清掃を行ってから作業しています。

また、写真をデータ化するだけでなく、入場券や受験票、お子さまの絵やお手紙、ハガキなどをデータ化して、レイアウトすることもあります。
その場合、写真とその他のデータを分けてしまうのではなく、同じページにまとまるよう、うまく配合させながらレイアウトします。

「おくってフォトブック」では、デザイナーがお客さまのご要望にお応えすることはもちろん、満足以上のものをご提供できるよう、日々心がけています。

あなたの写真整理を私たちがお手伝いします!

【特別な日の特別な写真】晴れの日 写真集

ハワイで結婚式を挙げられた方から、写真データが送られてきました。日本で撮影した前撮り写真と挙式&新婚旅行を兼ねたハワイでの日々、2冊のフォトブックをご注文いただきました。
前撮りの写真は、和装とドレスの2種類。新婦さんは可憐にして艶やかで、特に着物姿が映える。どの写真もキラキラと輝きを放ち、あまたのカップル同様、新郎は最初から脇役に徹することを覚悟していたように見受けられます(笑)。

ハワイでのお二人も幸せ全開。ハワイでは新郎もおおはしゃぎ。お二人ともどの写真も笑顔がステキで、触るとヤケドしそうなほど幸福感を放っています。以前、1980年にハネムーンでハワイに行かれたお客様のフォトブックを制作した際に、オアフ島にある「日立の樹」の前でニッコリ微笑むプリント写真を扱ったことがありましたが、当時から40年経ってもあの「日立の樹」は健在。今回のお二人も高さ約25m、幅約40mを誇る巨木の前で、さまざまなパフォーマンスを交えて撮影されています。

今回は送っていただいた写真データを全て使用して、90枚の前撮り写真をまとめたフォトブックと、ハワイで撮った70枚の写真をまとめたフォトブックを制作しました。新型コロナじゃないけれど、写真から幸せが感染するようで、とてもハッピーな気分で作業をすることができました。

ずっと二人で同じ経験を重ねていきたい…そう思った延長線上に結婚があります。これからの人生、いろいろな事があるでしょう。でも、大好きな歌を聞けば体が弾むように、このフォトブックを見る度に、その時の気持を思い出していただけたら、うれしいですね…。
いつまでも末永くお幸せに~。

毎日忙しくて、気になっているけど写真の整理ができない…。写真整理でお困りでしたら、私どもに気軽にご相談ください。スマホなどで撮影したデジタル写真はもちろん、古いアルバムやプリント写真にも対応しています。ご自分であれこれ操作する必要は一切ありません。サービス名そのまま、写真を送るだけでステキなフォトブックに仕上げます。
さぁ、フォトブックで思い出を皆で楽しみましょう。

思い出に心が温められる

スマホやデジカメが普及し、日常で写真を撮ることが多くなってきた今、ネット上には様々なフォトブックサービスはあふれています。
よくあるサービスは、編集ソフトをダウンロードして写真データをアップロードした後、ご自身でレイアウト(配置)していくものが一般的ですが、『おくってフォトブック』は違います。なんとプリント写真に対応!!さらにレイアウトはおまかせ!!なのです。

プリント写真のデータ化は、フォトブックサービスとは別でありますが『おくってフォトブック』はデータ化からレイアウトまですべて行います。さらにデータはプレゼントするので、かさばる大量のアルバムや写真を処分してもコンパクトになって手元に残ります。
さらに『おくってフォトブック』はプリント写真に特化したものではなく、デジタル写真にも対応しています。なので、古い写真と新しい写真、時代をミックスしたフォトブックをつくることも可能です。

レイアウトまで行うので、編集ソフトのダウンロードも必要ありませんし、なにより難しいパソコン操作がありません。

フォトブックをつくってみたいけど面倒だなと躊躇している方、プリント写真を整理したいけど、どうしたらいいんだろうと悩まれていた方にはぴったりのサービスではないでしょうか。

ご注文はオンラインストアで行うので機械的な感じがしますが、お客様の想いをしっかり受け止めてから制作にかかります。

「昨年父を亡くした高齢の母へのプレゼントです。出来上がりを楽しみにしています。」

「還暦を迎えた母へサプライズでフォトブックをプレゼントしたいです。」

「息子の成長を残したい。」など。

ご依頼いただいた写真は、どれも想いの深さを感じるものばかり。
施設に入居する高齢のお母様へのプレゼント用につくったフォトブックは、お母様の若かりし頃から亡くなられたお父様との出会い・結婚、お子様の誕生から趣味の旅行など、たくさんの思い出が詰まった冊子になりました。
すべての写真を掲載するとページ数がかさばるので、当サービスで独自開発した自動写真選別AIを使用し、写りの良い写真をピックアップ!2冊のフォトブックでまとめました。
仕上がりを受け取ったお客様から、「とても軽くなってこれで母がいつでも写真を見ることができます。」と喜びの声をいただきました。

また還暦を迎えたお母様へのサプライズフォトブックも、お母様の若かりし頃の写真からご家族の楽しそうな写真をたくさん送っていただきました。こちらのお客様は急遽サプライズを決行されるとのことで、超特急で対応、時間のゆとりがありませんでしたが『おくってフォトブック』では、なるべくそういったご要望にもお答えしたいと思っています。

たった1枚の写真でも語りつくせない想いがつまっている…、お客様がフォトブックを見て、喜んでいる姿を想像しながら制作しています。

先日、独立リーグで活躍されてる息子さんのフォトブックをつくりたいと注文をいただきました。
お話を聞くと新型コロナの影響で試合の応援にいけないということでした。そんな中チームやファンの方々がSNSで発信してくれる写真だけが楽しみだったというお母様。
コロナ禍でも野球を通して少しでも明るい話題が提供できれば…、という関係者のみなさんの奮闘ぶりに励まされていましたと話してくれました。
その1年の活躍をまとめる記念に、フォトブックを制作したいということでした。お預かりした写真は、お母様が必死で集めたのだろうと思えるものばかりで、息子さんの野球人生を熱く語るお母様の気持ちを思うと、グッとくるものがありました。

フォトブックといってもただの写真の羅列ではなく、その人の人生がつまったものなんですね。様々な気持ちでご注文されるお客様の気持ちに寄り添い、カタチとして残せるお手伝いができることを光栄に感じています。

これから年末に向けて忙しくなってきますが、今年も新型コロナの影響で静かなお正月を迎える方が多いのではないでしょうか。そんな時は、懐かしい写真を見て思い出に浸ってみませんか。
素敵な年越しを迎えれると思いますよ!

懐かしい家族写真

「プリント写真が何枚あるか分からないけど、箱に入れて送るから対応してくれますか?」。年配の男性から電話でこんな問い合わせがありました。どうやら思い出の写真が多すぎて、お一人では何枚あるのか数えきれないとのことです。
「大丈夫ですよ、こちらで写真枚数を数えて、お見積りをお知らせします」。「できればお子さんの成長や旅行など、思い出の分類に分けていただけると助かります」。そうお伝えして、箱が届くのを待ちました。

後日、お客様の箱が届きました。
箱の中にはアルバムが4冊、ポケットアルバムが15冊、さらに丁寧にビニール袋に分けられたバラの写真が15束。合計4,300枚のプリント写真が入っていました。しかも小分けになったビニール袋には、全てにマジックで“◯◯へ里帰り”や“◯◯の七五三”、“◯◯にて海水浴”などタイトルが書かれていて、男性のご家族に対する愛情の深さが伝わってきます。

男性のご依頼は、全ての写真を改めてフォトブックにまとめることと、全てのプリント写真をデータ化して保存することでした。したがって、20冊のフォトブックと20枚のCDを仕上げることとなります。
まずプリント写真のデータ化から作業をはじめ、フォトブックの制作へと進みます。1970年代~2019年まで、男性とご家族の歴史を美しくまとめ直す作業は、責任感と共にヤリガイ、楽しさを感じることができました。男性はマメに写真を撮って残すタイプの方ですが、1980年代に最初のお子さんが誕生してからというもの、それはよりエスカレートします。
膨大な量のお子さんの写真が残されています。特に最初のお子さんの写真の量は尋常ではなく、父親としての喜び、幸せな瞬間をいつまでも残したい、そんな気持ちが表れているように感じました。微笑ましい写真はオーラでも放っているのでしょうか、作業しているこっちまで和やかな気分になるから不思議です。
きっと仕上がったフォトブックを見て、お子さんは愛情を注いでもらったことを再確認し、ご両親はおしみなく愛情を注ぐことができた充実感をよみがえらせることで、これまで以上に家族の絆を深めていただけるのではないでしょうか。
そしてそのフォトブックは、家族の歴史・ルーツとして次世代に受け継がれてゆきます。そんなふうにご利用いただけたら、私たちも最幸です。

もしあなたも写真の整理にお困りでしたら、お気軽にお問い合わせください。古いアルバムやプリント写真だけでなく、スマホに撮りっぱなしになっている写真データでもOKです。
幸せを詰め込んだフォトブックは、明日への元気を与えてくれます。

そして後日、うれしいお手紙が届きました。

丁寧に包まれたプリント写真…。

「おくってフォトブック」にご依頼いただいたお客様から写真が届きました。封を開けると、中には丁寧に包装されたプリント写真の束が5つ。 いずれにも日付が記載され、カテゴリー分けがしっかりとされていて、お客様の几帳面なお人柄が伺えます。お客様がこれだけ入念にご用意をされたのだから、ご期待にしっかりお応えできるよう頑張らなければ…自然と気合が入ります。

写真には、お客様がお友達と一緒に旅を満喫する姿が写し出されていました。どんなに楽しい瞬間であっても、ヒトの記憶は残念なことに、時の経過とともにボヤケてしまいます。でも不思議です。フォトブックを手にすると、まるでタイムスリップしたようにその時に瞬間移動。その時の風や光、匂いまでもがよみがえってきます。
音楽でも同じような現象がありますよね。心に残っている音楽を聴くと、途端にあの頃の感覚に戻ってしまうこと。

写真に写る姿は、確かにそこでその時を過ごした証です。時は積み重ねることによって、今になり、未来になります。
だから、超レトロな写真じゃなくても、たとえ昨日の写真でも、なんとなく今を生きているってことを感じさせてくれます(笑)。

あなたが写真の整理でお困りでしたら、ぜひ私たちにお手伝いさせてください。古いアルバムやプリント写真だけでなく、スマホに撮りっぱなしになっている写真データにも対応しています。思い出をまとめるって、まんざらでもないですよ。
特にいつかやらなきゃってモヤモヤしていたあなた…

ご連絡心待ちにしています。

写真の未来を守りましょう。

あのヒトがいて…あの時があって…。
写真1枚1枚に、それぞれの思い出が宿っています。ご依頼いただいたお客様の想いを受け止め、心を込めてフォトブックを仕上げています。
お客様のお手元に届いたフォトブックを開いた時、私たちの想いまで届きますようにと、願いながら取り組んでいます。

写真のお焚き上げ

6月1日は「写真の日」ということで、今村宮で毎年行われている「写真供養」に参加いたしました。
お客様から送っていただいた、思い出のつまったアルバム・バラ写真は宮司さんによって無事ご供養していただきました。
おくってフォトブックでは、大切な思い出の写真を最後まで丁寧に取り扱わさせていただいています。 ご安心して、思い出整理のお手伝いをおまかせいただけたらと思います!