おくってフォトブック

「AQUEM(アクエム)」に判ついて「AQUEM(アクエム)」に判ついて 「AQUEM(アクエム)」に判ついて

「AQUEM(アクエム)」は画像や映像に関する研究に
積極的に取り組んでいる岡山県立大学と協同研究・開発した
“グッと!アルバム”専用の写真判定システムです。

「AQUEM(アクエム)」に判定 「AQUEM(アクエム)」に判定

「AQUEM(アクエム)」の性能「AQUEM(アクエム)」の性能

審美度イメージ

審美度による写真の評価

人の感性による写真の審美度判定をAIが学習し、写りの良い写真を選別。

「AQUEM(アクエム)」のアルゴリズムは、写真全体の審美性、解像度、顔の位置、サイズ、笑顔度、ボケ具合など多岐にわたり学習を行っており、審美性評価の尺度は独自のものとなっています。
「AQUEM(アクエム)」による選別後、デザイナーが全体をチェックし、より良いフォトブックに仕上がるよう調整します。

類似度検出のイメージ

類似度による対象人物の検出

写真から顔を検出し、対象人物か自動判別。
経年による顔の変化にも対応。

主人公設定を行うことで、大量の写真の中から対象人物を検出します。 成長による顔の変化や加齢による顔の変化を考慮して、一定のカテゴリー分けを行った上で推定します。

対象人物の写りのイメージ

対象人物の写りの良さを判定

「絶対的特徴」と「相対的特徴」により、対象人物の写りの良さを判定。

「絶対的特徴」(顔の大きさ、位置(構図)、向き、光の加減、表情、身体の写り、隠れなど)に加え「相対的特徴」(他者の数・他者の顔の大きさなど)による写りの良さを総合的に判定します。集合写真から主人公を検出するのはもちろん、その中でも写りの良いものを選別します。

「AQUEM(アクエム)」の評価判定の具体例

「笑顔度重視」による判定結果例(判定値:1が最高値)

目の形(開き具合)や口角の上がりかたなど微妙な表情の違いを正確に読み取り、
審美度と合わせて笑顔度の判定を行い、順位づけしています。

「笑顔度重視」による判定結果例 「笑顔度重視」による判定結果例

カラー写真と同様に、モノクロ写真でも笑顔度の判定ができています。

※この結果は判定精度の例として掲載しています。フォトブック制作時、必ずしも笑顔の写真のみを優先して使用するわけではありません。

「AQUEM(アクエム)」の取り組みが認められ、学会で表彰されました! 「AQUEM(アクエム)」の取り組みが認められ、学会で表彰されました!